親子で育つコミュニケーション 

「見つめ愛・触れ愛・語り愛」

3つの愛を大切にしたカリキュラム

ベイビーワールド教室 10年目

マスターベビーサイン講師 小川のりこです。


BABYWORLD=赤ちゃん世界

ベビーサインは 

まるで小窓から赤ちゃんの世界をのぞいているような感覚になります

あなたの赤ちゃんがどんなものを

見て、感じ、伝えたいのでしょう

そっとのぞいてみませんか?


母と子供 心のつながり

こんにちは

親子コミュニケーション ベイビーワールド教室代表

勇気づけカウンセラー

マスターベビーサイン講師 小川のりこです。



いつも出かけたいと思っているのに

いざ出かけると 子どものことが気になって

結局楽しめず、早く帰宅してしまった


仕事に復帰したけど、常に子供のことが気にかかる


こんな経験ある方 おみえになるのではないでしょうか。




子供の年齢が低ければ低いほど母子一体感というのは強く、多くのお母さんがもっている感情です。

ですが、年齢があがっていっても その気持ちが変わらずいつも子どものことが気になってしまって、学校のまわりをウロウロしてしまったり、修学旅行にまでついていってしまう親御さんがいるという話を ニュースだけでなく実際に聞いたことがあります。




その親御さんの中でどんな心が働いているのか


子のほうから「不安だからついてきてほしい」という場合もあるでしょう

親のほうから「心配だから見守りたい」という場合もあるでしょう


学校へいく、友達とお泊まり(子供が)、自分が友達と食事、夫婦でおでかけ、1日おばあちゃんちにお泊まり。。。

こどもと離れる場面は身近にありますよね


そんなとき、あなたの心の中でなにがつぶやかれていますか?



●わたしの大事な子が 誰かと親密になってしまったらいやだな

言葉では「あ〜、みんなになついてほしい〜。」といっているが、人見知りをそんなに嫌がっていない。ママべったりが嬉しかったりする。(体力的に限界があるときもあるが、他の人と仲良くなるくらいなら耐えられる)


●ずっとママを頼っていいんだよ

言葉では「うちの子、ほんとしっかりしてないから。」といいながらそんなに嫌ではない。

自分の存在価値を子供から見出している。子供がだらしなかったりすることで、自分の仕事があることにいきがいを感じ、嫌だといいながらなぜかはりきって世話をやいている。

ただ、これに関しては赤ちゃんだったり、自分のことを自分でできない年齢の場合は、こう思うことが当然です。(あの子はわたしがいなくて大丈夫かしら?)と思いますよね。(ミルク・食事のことなど)


●パパになつかない

言葉では「パパになんでなつかないのかな〜」といっているが、パパに不満をためている。

無意識に軽蔑していたり、冷めた目でみていることがある。そのため、パパになつかないことも実際のところ気になっていない。(ただ協力はしてほしい)むしろ、ママにべったりを喜んでいる。(疲れることもあるが)



他にも潜在意識との関係はありますが、代表的なものだけをならべてみました。

これは、自分でも気づかない無意識の束縛


夏休み

おでかけ、お泊まり、いろいろな場面がありますよね

子供と離れたとき、自分の意識がどうなのかな?と内観してみてください



離れたときに私はこう思っています!

「私も子供も楽しんでる!」


実際に、「ちょーたのしかった!」と言って帰宅しますしね。(笑)

我が子は1歳10ヶ月からひとりでおばあちゃんちにお泊まりしています。

このときは2人目出産ということもあり、まだ年齢が低かったこととアレルギーがあったので、わたしもソワソワしまくっていました(笑)



子供が10歳になるまでに 私たち親も子離れを目標として「自分育て」をしていきましょう。


気づいた時が大切です。
過去を責めるのではなく
今からどうするのか?ということを一緒に考えていきましょう。


子離れしていっても 子を愛する気持ちに変わりはなく むしろ信頼関係ができあがっていて お互いに自立し でもコミュニケーションはある関係がよくないですか?


過度な不安、過度な心配は、子供に問題があるわけではなく 親の心の癒し・学びが大切になります。


ベイビーワールドでは

女性限定 

あらゆる対人関係に エルムコミュニケーション勉強会 全12章

愛と勇気づけの親子関係に スマイルコミュニケーション勉強会 全8章


不登校のお子様をもつママ限定 スマイルコミュニケーション勉強会 全8章


マンツーマン対応

スマイルコミュニケーション勉強会 全8章


エルムリーダー養成講座

エルム勉強会を受講した方が、エルムリーダーとして地域で活躍する講座 全2日間


ご要望にあわせて日程調整可能です

お問い合わせはこちらから



ベイビーワールド

小川のりこ