親子で育つコミュニケーション 

「見つめ愛・触れ愛・語り愛」

3つの愛を大切にしたカリキュラム

ベイビーワールド教室 11年目

マスターベビーサイン講師 小川のりこです。


BABYWORLD=赤ちゃん世界

ベビーサインは 

まるで小窓から赤ちゃんの世界をのぞいているような感覚になります

あなたの赤ちゃんがどんなものを

見て、感じ、伝えたいのでしょう

そっとのぞいてみませんか?


胎内記憶ランチ会〜体験談を語る〜


こんにちは

ベイビーワールド

小川のりこです。


9月11日 ママズカフェさんにて

胎内記憶ランチ会を開催させていただきました。


4組のママが お子様とご一緒に参加してくださいました。

ありがとうございます♥



胎内記憶については、マタニティ胎教クラスで以前よりお話しておりましたが、今回は、私の体験談をお話させていただく、というはじめての試みを、ママズカフェさんとのコラボにて開催する運びとなりました。ママズカフェさん、ありがとうございます♥



11時〜12時半すぎまで ノンストップで話し続け、皆様のご出産話もお聞きしながら、とても和やかな中、ランチ会は、終了いたしました。



今回、ちょっとスピリチュアルな話をさせていただきましたが、胎内記憶にご興味があるママばかりでしたので、小人の話がでたり、前世にご興味がある話がでたり・・・。

私は、ブログを10年以上書いておりますが、スピリチュアル的な話は、したことがありません。ですが、今回、このような場で自分の体験談を話そうと思ったことは、ひとつわけがあります。


世の中が、今、スピリチュアルを肯定的に認めはじめたから・・・ということが一つ大きな要因です。スピリチュアルというと、なにか祈るものだったり、こわいものだったり、霊的ななにかだ・・・と思われる方も多いのかもしれませんが、もっと大きな・・・・当たり前にあるもの、といったほうが自然かもしれません。その当たり前にあるもの、目にみえないものの存在を肯定的に感じる方が多くなった、と感じます。




当たり前にある、、、ということ


それは、「この地球は、人間だけではない」ということです。


植物や動物、空気、水、太陽、月、大地、など数え上げたら

すべての物質に命があり、すべての物質に心があると考えることがスピリチュアルだと私は感じています。




そして、今まで数え切れないくらいの同じ言葉をいただいてきました。

ママから同じ言葉をいただく、ということで、使命を感じた、ということも今回の胎内記憶ランチ会につながりました。



「先生だと、人見知りのこの子も、よく笑顔を見せてくれて、不思議です。」

「この場所(ベイビーワールド教室)にくると、赤ちゃんがいつもと違ってすぐにみんなになじみます。」

「私が、先生にあうと元気がでます。」



自分のことは、よくわからなかったのですが、なぜその言葉をいただけるのだろうと数年考えていました。


やっと最近答えがでたこと。
それは、赤ちゃんたちをみても「赤ちゃんにも心があり、すべてわかっている」という気持ちで接していることなのだ。と気づくきっかけがありました。






今回は、胎内記憶をこれから聞いてみたい!というママが集まってくださりましたが、胎内記憶の話は、大きくなられたお子様をおもちのお母様や小学生、中学生、高校生のお子様にぜひ聞いてもらいたいと感じています。


思春期になると、「こんな親のところ、うまれてきたくなかった」と反抗的になる子もいますよね。でも、神様とのことや胎内記憶、胎内に来る前の話をきいたら、自分の人生に責任をもつことができると思うのです。それだけでなく、私達に気づきを与えてくれる子、またはサポートをしてくれる子など、私達親のほうが、こどもから学びを得ることが多くあります。さらには、ご自分の両親との関係がよくなったり・・・・。


私達は、「あのお母さん、お父さんのところがいい」といって、うまれてきたのですから。


※今回のランチ会開催にあたり、娘に相談しました。あっさりと了承をしてくれて(笑)

胎内記憶・胎内に来る前のお話をしてくれた娘。2歳7ヶ月と5歳のときに鮮明に話してくれました。写真は、生後4ヶ月。たくさん母乳を飲んでくれるムッチムチの子でした(笑)



胎内記憶ランチ会ご要望をいただいております。そのため、人数が集まれば開催したいと考えております。ただ、今回は特別料金にての開催でしたが、次回は、ランチ代の別に講師代を通常どおりいただきたいと思いますので、その点だけご了承ください。ご要望があれば、どこへでも出張したいと思っております。



今日も一日

「ありがとう」の気持ちを大切に(^^)



ベイビーワールド

小川のりこ