親子で育つコミュニケーション 

「見つめ愛・触れ愛・語り愛」

3つの愛を大切にしたカリキュラム

ベイビーワールド教室 11年目

マスターベビーサイン講師 小川のりこです。


BABYWORLD=赤ちゃん世界

ベビーサインは 

まるで小窓から赤ちゃんの世界をのぞいているような感覚になります

あなたの赤ちゃんがどんなものを

見て、感じ、伝えたいのでしょう

そっとのぞいてみませんか?


過保護のかほこ

こんばんは。

親子で育つコミュニケーション

雨上がりには一緒に虹を

ベイビーワールド教室 小川のりこです。


昨日の「過保護のカホコ」みましたか?

我が家は家族みんなで楽しみにしています(笑)


その中でのセリフがスマイル勉強会で話していることに通じるな〜と思ったので

ここでシェアしたいと思います


画像:https://woman.infoseek.co.jp/news/photo/thetv_113966よりお借りしました


三田佳子さん演じるばあば(かほこちゃんからみて)が

黒木瞳さん演じるママ(ばあばの実の娘であり、かほこちゃんのママ)へ言ったセリフ


あらすじ

かほこちゃんが初恋をして少しずつ親離れしたがっているのですが

ママが今までどおりで なかなかそれを受け入れられないのです

かほこちゃんもどうしたらいいのか・・・迷いながら成長中のドラマです


その中で ばあばからママへ伝えた言葉


「そろそろ好きにさせてあげたら・・・」


「昔はあんなに成長願っていたのに 今は娘が成長しないほうがいいとでも思ってるの?」


「子育てで後悔しない母親なんていないわよ」


「最後は覚悟を決めるしかないわよ。たとえこどもが転んでも立ち上がると信じて。愛するより信じるほうが難しいんだから。



ドラマの主役高畑充希さんは22歳大学4年生の役

なんでもママに決めてもらうし パパにお金も頼ってるし・・・

いろいろ「え〜」とおもうほど過保護なのですが

ものすごい愛されて育っています



こどもが成長していくと

こどものほうが「あれ?わたしがしたいことじゃない」

いつかそう思う時がいつかきます。


あんなに小さい頃から一緒にいてなんでもやってあげて

わたしが一番あの子のことわかってるんだから


と思っていても いつかわからないこともでてきます


どれだけ仲よくても・・・・です

どれだけ愛情を注いでも・・・・です


だってそれがこどもの成長だし

秘密をつくることや

親よりも友達や恋人を優先することは

喜ぶべきことなんです


私は10代のころ 親よりも友達が優先でした

たとえ優先順位が変わっても 親のことをどうでもいいと思っていたわけではないのは、みなさんも一緒ではないですか?




信じて見守る


愛と勇気づけ スマイル勉強会でも話しています。


実践するのは難しい〜

言葉でいうのは簡単だけど 実践はほんとに難しい〜



昨日のドラマは ママが家出することで終わってしまいました

さて、これからどんなふうに家族が成長していくのか・・・

楽しみです^^


愛と勇気づけ スマイル勉強会 全8章(16時間)+まとめランチ会(2時間)

10月スタート予定です

対象 お母さん (幼稚園から高校生までのお子様をおもちのお母さん)


ベイビーワールド

小川のりこ